プラセンタの副作用・安全性

プラセンタを摂取し始めたら体調が悪くなってしまったのは何故?


プラセンタを使い始めてからニキビやシミなどの肌トラブルが起こったり、身体がだるくて仕方ないなんて人はいませんか?副作用だと思って使うのを止めてしまった人もいるかもしれません。しかし、それは副作用ではなく、瞑眩(めんけん)だったのかもしれません。


瞑眩とは好転反応のことで、治療の過程において現れる身体反応で、一見不快な反応が現れることが多いです。それは筋肉がほぐれることによって老廃物が流れ出るため、一旦悪い症状となって現れるからです。瞑眩は身体が好転するための前兆なのです。hatena.jpg中国の医学においては治療の効果は瞑眩が出ないと期待出来ないと記した書物もあるぐらいです。


プラセンタも毒を出してくれる


プラセンタは血行を良くして新陳代謝をアップさせるという働きがあります。その際、身体の良くないところを正しい状態に戻してくれるわけなのですが、その時に凝り固まった身体の毒を老廃物として体外に排出します。一見身体に悪いことが起こってしまったと思ってしまいますが、身体を正常にするために、今まで身体に蓄積していた毒を出していただけだったんですね。


ただし、実際のところ瞑眩なのか副作用なのかということは、素人には判断できない事があります。アレルギー反応は瞑眩の一種ではあるものの、あまりに症状がひどい場合はそのままにしておくのは危険ですしね。長期間だったり症状が重いなと感じたら無理に続けようとせず、医師に相談したほうが良いでしょう。


関連記事
ニキビ・ニキビ跡で悩んでいる方に
シミ・シワ・たるみ・目の下のクマで悩んでいる方に




プラセンタとは(基礎知識)

 

プラセンタの種類・特徴

 

プラセンタの摂取方法

 

プラセンタの効果

 

プラセンタの副作用・安全性

 

プラセンタのQ&A(よくある質問)

 

今話題の人気商品をピックアップ

 

こんな方がプラセンタを選んでいます