プラセンタの副作用・安全性

プラセンタを摂取すると献血が受けられなくなるって本当?


kenketsu.jpgのサムネイル画像プラセンタと言えば、美容のみならず健康にも良いですが、その逆にデメリット的なことはあるのでしょうか?あまりに良いものだと、悪いところがあるんじゃないかと疑ってしまいますよね。プラセンタは古くから医療目的で使われていますが、今までに大きな副作用は見つかっていません。ただし、プラセンタ注射をした人に限って、あることが規制されます。


2006年8月に「ヒトから抽出したプラセンタエキスを注射で投与した人は、それ以降の献血を禁止する」と厚生労働省が発表しました。vCJD(変形型クロイツフェルト・ヤコブ病)の感染リスクを考えての措置です。(vCJDとは...神経難病の一つです。最初はうつ病などの精神症状が出て、認知症が進み、発症から1、2年で死に至ります。)vCJD感染リスクの高いイギリス滞在者の胎盤から抽出したプラセンタを使っている可能性があるため、このような制限があるのです。


献血は出来なくなるけど、そんなに心配しなくて大丈夫


こんな話を聞くとプラセンタに対して不安や抵抗感を感じてしまうかもしれません。しかし、実際のところ、今までヒトプラセンタを投与した人の中でvCJDが発症したという人は国内外で一人もいません。ただ、vCJDという病気が解明されていないことが多く、理論上、感染リスクを否定することが出来ないので、念のため規制されている訳です。


そしてこの規制はヒトプラセンタの注射のみに限ったことです。動物由来のプラセンタから作られるドリンクサプリメント化粧品は問題ありません。


関連記事
ヒトプラセンタを摂取する方法について
プラセンタの効果をすぐに実感したいなら注射や点滴がおすすめ




プラセンタとは(基礎知識)

 

プラセンタの種類・特徴

 

プラセンタの摂取方法

 

プラセンタの効果

 

プラセンタの副作用・安全性

 

プラセンタのQ&A(よくある質問)

 

今話題の人気商品をピックアップ

 

こんな方がプラセンタを選んでいます