プラセンタの種類・特徴

植物性のプラセンタにも効果はあるの?


aroe.jpgのサムネイル画像toumorokosi.jpg植物が発芽する元の部分を「胎座」といい、そこから抽出したエキスを植物性プラセンタといいます。胎座には植物を成長させる栄養素が含まれる、哺乳類の胎盤のようなものです。アロエや大豆、とうもろこしの胎座から有効成分を抽出してそれぞれ混ぜ合わせて作られます。


栄養価は高いけれど...


ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの栄養素が多く入っていて、美肌・美白の効果が高いです。動物由来のプラセンタと似たような栄養素なのですが、残念ながら成長因子(グロース・ファクター)は含まれていないんです...。成長因子は細胞を活性化させるのでアンチエイジングなどに効果がありますから、あると嬉しいですよね。


とは言え、植物プラセンタは動物由来のプラセンタと比べて管理しやすい上に安全性も高いという利点があります。そして手に入りやすいために多くのスキンケア商品などで取り入れられているんですよ。利用している方の満足度は高そうです。


植物性プラセンタに興味がある方へ!「植物プラセンタ コレゾ」をお試し下さい♪




プラセンタとは(基礎知識)

 

プラセンタの種類・特徴

 

プラセンタの摂取方法

 

プラセンタの効果

 

プラセンタの副作用・安全性

 

プラセンタのQ&A(よくある質問)

 

今話題の人気商品をピックアップ

 

こんな方がプラセンタを選んでいます