プラセンタの種類・特徴

ヒトプラセンタを摂取する方法について


ninpu.jpgヒトプラセンタは人の胎盤から抽出したエキスのことです。日本では現在、薬事法の改正により、医療機関における、医療用注射や点滴などの処置だけが許されています。そしてその注射液などの製造も、厚生労働省で承認を受けた製薬会社だけが許されています。


かつてヒトプラセンタは普通に出回っていましたが、人気の上昇と少子高齢化社会となりその供給が追いつかなくなってしまったことで利用制限が設けられてしまったようです。うつ病症更年期障害肝機能障害などを改善させるためにプラセンタ注射が用いられます。ただ、美容・健康目的で利用している方もいます。


注射は効果が高いのですが...


サプリメントドリンクに比べ、注射は直接体内に取り込む分、即効性があり、効果も高いです。しかし、病気の治療以外の場合は保険適応外で、全て実費になってしまいます。


医療機関ごとに値段はバラバラですが、だいたい注射1本で2,000円から5,000円ぐらいになってしまいます。1度ならいいかもしれませんが、継続しなければあまり意味がありません。ですからドリンクなどと併用して、たまに利用するのが良いかもしれません。


「エターナルプラセンタドリンク」は人気が高く、飲むプラセンタ注射とも呼ばれています!


関連記事
プラセンタの効果をすぐに実感したいなら注射や点滴がおすすめ
プラセンタを摂取すると献血が受けられなくなるって本当?




プラセンタとは(基礎知識)

 

プラセンタの種類・特徴

 

プラセンタの摂取方法

 

プラセンタの効果

 

プラセンタの副作用・安全性

 

プラセンタのQ&A(よくある質問)

 

今話題の人気商品をピックアップ

 

こんな方がプラセンタを選んでいます