プラセンタとは(基礎知識)

プラセンタは何が原料のものなの?

プラセンタという言葉は聞いたことがあるけれど、それがどういうものなのか、何から出来ているものなのかということがよく分からない人は割と多いと思います。taiban.jpgまず、プラセンタという言葉を直訳すると「胎盤」や、植物の「胎座」という意味があります。


胎盤というのは女性(メス)が妊娠した時、子宮に形成される器官です。出産したら必要なくなるので体外に排出されます。母体と胎児を連絡して、健やかに育つために必要な機能がたくさんあります。受精卵を10ヶ月前後で成長させてしまうわけですから、凄いパワーのあるものだということが分かると思います。


そしてプラセンタと言う場合、胎盤そのものではなく、胎盤から抽出した有効成分が含まれるエキスのことを指すのが一般的です。このエキスは細胞分裂を活性化し、調節するということが分かっていて、美容関係のみならず、医療関係でも注目されています。


出産後、自分の胎盤を食べる!?


出産直後でも自分の身体と子供を守らなければならない哺乳類の母親は、排出された自分の胎盤を食べて栄養補給することで体力を回復させているようです。本能的にしている行為ですから、自然というのは凄いですよね。


ちなみに...人間でも、出産後に自分(もしくは奥さんや親戚や知人)の胎盤を食べている人はいます。美容・健康目的、はたまた好奇心などで調理をして食べているようです。ただ、感染症などの問題から、取り扱いが難しいのでなかなか受け入れてくれる病院は少ないようです。また、カニバリズム(食人)などの観点から抵抗ある人も多いです。でも栄養満点なら食べないともったいないような気もします...ね。


関連記事
プラセンタにはどのような栄養分が含まれているの?
プラセンタはどのようにして集められているの?




プラセンタとは(基礎知識)

 

プラセンタの種類・特徴

 

プラセンタの摂取方法

 

プラセンタの効果

 

プラセンタの副作用・安全性

 

プラセンタのQ&A(よくある質問)

 

今話題の人気商品をピックアップ

 

こんな方がプラセンタを選んでいます